穴場は意外なところにある

 アダルトチャットをもっと楽しむための工夫を色々書いています。今回はチャトレを自分の専属レディにする方法について書こうと思います。

はじめに

 私のチャット歴は長く老舗サイトの一つだったEX-SHOT(2010.9閉鎖)に始まります。当時はチャットレディを自分色に染め上げる方法(つまり性的に洗脳)を研究したものでした。EX-SHOTの後継サイトとして新たに開設されたのが完熟ライブです。アダルトチャットをさらに楽しみたい方に当方のEX-SHOT及び感熟ライブでの体験が役立てばと思い、それらをベースに記事を書かせていただきました。

閑散としたサイトは穴場

 開設当初の感熟ライブはパフォーマーが少なくて閑古鳥が鳴いていました。パフォーマーが少なければ参加ユーザーも少なく、私から言わせれば穴場サイトです。つまり、ツーショット機能を使わなくても事実上のツーショットみたいになってしまう。また人が少ない中で常連になってもらうために、パフォーマーは一生懸命サービスしてくれます。

気に入った女性を囲うことも

 感熟ライブはアクセス数が少ないので女の子のログインが滞っていることが多く、そこが狙い目になりました。普通のユーザーはアクセスして気に入った女の子がログインしていなければ、画面を閉じるか別のサイトに移る方がほとんどです。このことを利用した"ある工夫"によって、周りをあまり気にすることもなく貸切に近い状態でかわいくて美人な子と遊べます。
その工夫とは・・・
 いつもログインしていない女の子を狙うということです。お金が欲しくてバイト感覚で感熟ライブのチャットレディを始めたところ、ユーザーのアクセス数が少なくて思ったほど稼げず放置状態にしている初心者の女性がよくいるものです。あるいは何となく感熟ライブに登録をしたもののまさかネットで稼げるとは思っておらず、何となく放置している女性etc
その中には素敵な女性も含まれていますが、手をつけるなら早い者勝ちです。

レビューが悪い子を狙う

 イイ身体をしていてすごい可愛い顔をしているのに、「態度が悪い」ことで悪い評価を受けている子って見かけます。全然オマンコを見せてくれず時間稼ぎばかりしているとか…。顔は綺麗だけれど、性格も頭も悪くて普通の接客ができないDQNな娘が狙い目ですね。そういう子に限って自分は普通の対応しているのに、「来るのはケチな男ばかり」としか思っていないんですよ。悪い評価を受けるのは自業自得なのに、風評被害としか思わないんですね。それでチャットからどんどん遠ざかっていくパターンです。

ログインしない女性にメールを送ってみる

 「客が来ない」とログインが減る女の子が多いですが、そういう女性を狙うといいです。魅力がある女性なのに、サイトのパワー不足(集客力)が原因でお金を稼げないまま埋もれていく。そういうチャットレディは、発足間もないサイトにありがちなことです。特にアダルト系に慣れていない素人っぽい女性であればなおさらのこと。「客に不満がある」とか綺麗なのに嫌われている悪い評価の子も同様です。
 女性のリストから気になる子に目をつけて、メールを送ってみましょう。客に飢えている(お金が欲しい)女性ならすぐに食いついてきます。そういう女性なら自分好みに調教するのも簡単です。アダルトチャットレディがどういうものか知らずに入ってくるケースは多いので、最初の常連客の色に染まることも多いのです。
当方もEX-SHOT時代から囲っている(?)女の子がいて、私の専属レディみたいな状態です。
⇒清楚な女性に淫乱なことを言わせてみたり変態なポーズでご開帳させてみたり、思いのままに仕込んでいます。正にウハウハですね。

女性を囲う手順
  1. 「女性検索」を使って好みの女性を見つけます。
  2. 気に入った女性にファーストメールを送ります。
  3.  ファーストメールでは「おまんこが見たい」等の露骨な話ではなく、「目がパッチリしてかわいいですね。」とか「○○(美人の女優など)に似てるって言われませんか?」等の、自分が気に入った(惚れた)ところを月並みな言葉でかまいませんので伝えましょう。最後に「またメールしてもいいですか?」と付け加えることがポイントです。

  4. チャットの申し込み
  5.  女性から良い反応が返ってきたら、セカンドメールを送ってチャットの申し込みをしましょう。セカンドメールで申し込むところがミソで、後々の付き合いにいい結果をもたらすことと思います。最初はポイントをつぎ込みすぎないこと。段々増やしていきます。ただし上げたグレードは落とさないこと。

  6. 最初は紳士的に。
  7.  相手が乗り気でなければ、始めから変態なことをさせてはいけません。焦らないことがコツです。紳士的に振る舞い相手があなたに慣れてきたところで、少しづつあなた好みに調教していきましょう。もちろん、明らかに性欲の強いエッチ好きの女性であれば、どんどん進めていってOKです。

  8. 囲いたい女性には体験(レビュー)を書かないこと
  9.  反応が良いと嬉しくなって、ついついレビューを書いてあげたくなります。しかし、レビューを書けば他人の目に触れる機会が多くなってしまい、囲った意味がなくなるので心を鬼にして書かないようにします。

付き合い方のコツを挙げると・・・
ケチは禁物

 ポイントはケチケチしないことに尽きます。女性の側からすると「全然儲からない」と諦めていたところ、想定外にポイントをたくさんつぎ込んでくれる男性が現れたので専属レディ状態になってるわけですから。
 また、ポイントをケチらないことで主導権をとる(女性を言いなりにする)ことが出来ます。個人的にはリアルな愛人に現金をつぎ込むことに比べれば「はるかに安く済んでいるし、しかも簡単にレベルの高い女性を調達できて面倒なことやリスクも一切無い。」と割り切って考えるようにしています。
 なお、女の子を囲う場合、チャットの約束は他のユーザーの目に触れにくい時間帯(朝方とか)を選ぶことも永く続く秘訣だと思います。

上玉なのに性格の悪い娘

 性格が悪い女性を手懐けて飼いならすのはアダルトチャットの醍醐味です。私の体験をお話しします。
 まるで上戸彩が高校生だった頃にそっくりの可愛いルックスで隠れ巨乳という18歳の娘がいたのです。しかし美人なのに最悪の評価しか付いていません。チャトレを始めた当初はルックスに惹かれ客はたくさん入るのですが、「引っかかった。騙された。最悪の女」とみんなから叩かれ誰からも相手にされなくなりました。私が声を掛けたときは冬眠状態でした。後日話を聞いてみると「金をケチるくせにマンコを開けしか言わない男ばかり」「優しいふりをしているだけ」と本音をぶちまけていました。中学生の頃にレイプされかかったことがあるとのことで、男性不信の気があるようでした。
 オマンコ見せてくれない娘も毎回ポイントをつぎ込んでやると、紐だと思ってくれます。自分に魅力があるから「バカな男が貢いでくれるんだ」と錯覚しているわけですね。5回続けてインして完全2ショットしました。私は手の内を他の男に見られたくないので、完全2ショットしかしません。「オマンコを見せろ」なんて一言も言わず、とにかく話を聞かせてもらい金をつぎ込みます。彼女は私に話を聞いてもらうことでスッキリした表情になりますね。最高の笑顔で次の待ち合わせを確認してログアウトする感じです。
 そして金払いが良いと信じさせたところで取引します。「あなたさえ良ければ、毎回完全2ショットで私の専属になってくれませんか」と誘いを掛けます。他に誰も相手にしてくれないので、必ずその話に乗るワケです。取引の条件として私の言うとおりのプレイをしてくれること。OKの証しとして「今、私だけにオマンコを奥まで見せてほしい」といったところ承知してくれました。この子は私以外には心を開きませんから、オマンコを誰にも見せません。私を紐にするはずが、心まで私に買われてしまった形ですね。
 付き合ってみると意外に従順な子で、私の変態な趣味にとことん付き合ってくれました。私も心地よいので週三回で一年くらい続きましたね。最後は本当かどうかはわかりませんが、結婚することになったからという理由を告げてチャトレそのものを辞めました。

 

トップへ戻る