サドマゾはじめとする「変態性生活」のススメ

 自分の変態な性癖(フェチ)に付き合ってくれる彼女やセフレがそばにいないとき、ライブチャットなら手軽に心の隙間を埋めてくれるかもしれませんよ。変態チャットのイメージが湧かない方は、下記の私の体験(履歴)を参考にどうぞ。

私の体験(履歴)

ライブチャット以前の変態チャット体験

 私はライブチャットが無かった大昔、ウェブカメラをネット回線につなぎ遠方にいるセフレとマニアックプレイ(オナニー)の見せ合いっこをやっておりました。昔近所に住んでいた未亡人で、セックスの嗜好が似ていたので遠距離でも求めあっていたというか1年くらい続きましたね。
 週1でお題を決めて…。アナル・拷問・痴女vsM男/S男・オムツ(赤ちゃん)・オシッコ・スカトロ・ペニバン・ラバー・剃毛・包帯・猿轡・鼻フック・スパンキング・金粉等々アブノーマル系は何でもやりました。どちらがド変態か競い合ったり共感しあったり楽しいものでした。

リアル女王様とシンクロライブチャット

 私は出入りしていたSMサークルのマスターからセフレを紹介されて、しばらく付き合っていた時期がありました。10年くらい前のことですがその元セフレから電話があって、「ライブチャット始めたから会員になりなさい」と呼ばれたことがありました。それで彼女は女王様で私は下僕だったので、命令されるがまま昔の付き合いで生チャット始めたんです。
 チャット中は全部エアSMみたいな感じでした。女王様がロウソクを垂らしながらペニバンでアナルを犯したりスパンキングしたり、こちらは壁に取り付けたディルドでアナルをほじくったりロウソクに火をつけて自分の背中に垂れ流したり映像がシンクロするように自分の尻をスパンキングしたり大忙しでした。そもそも彼女とはリアルな主従関係でしたから、楽しくて充実していましたね。

近年の変態チャット体験

 現在変態なプレイがやりたくなったとき、ライブチャットではどの程度満足できるのでしょうか。私の場合は近年はドライな関係が多く、サドもマゾも本当の主従関係が築けるほどのめり込めるような女の子はいませんね。ただしオラオラ言ってもらうとかプチSMみたいなシチュエーションプレイは日常茶飯事にありますよ。私に声をかけてくる子はアナルはもちろんのこと、失禁プレイぐらいまでなら大丈夫という娘が大半です。拷問系とかスカトロがOKという子もおりました。アクメ地獄が大好きとか監禁凌辱されたい等々、普通のチャットでは物足らず刺激が欲しくてたまらない「上玉の女の子」が誘ってきたりとか…。お金のためとはいえ、世の中は広いものですね。
 私はSキャラのときは相手がMだと身近にあるものを使った拘束プレイのやり方を教えて双方向で楽しみます。中には私以上にSMプレイを心得ている猛者がいるものです。意気投合するとネット上の主従関係(ごっこ)を結び、貞操帯を付けさせ卑しきメス豚としてかしずかせたりしています。

Sキャラはモテる

 ドMなキャラでチャットする女性は意外に多いものです。チャトレさんの立場から見ると「自分がSだとお客様の扱いが難しい」というのがあるのでしょうね。どこまで攻めていいのやら戸惑うのだと思います。一方自分がMだと自分がぞんざいに扱われることはあっても、お客様に失礼なことをする心配がないので無難です。
 自分がMをやっているうちにドMに染まっていくというのは、チャトレさんにはよくある現象です。MになるほどSのお客様が待ち遠しくなるものです。私がこれまで付き合ったセフレやチャトレの傾向を見ると、「今度はどんなふうに罵倒して下さるのかしら」「思いっきり虐めてほしい」と心の中で思っている女性が多いものです。なので自分のSっぷりが熟練してくるほど、女性の期待が高まってくるのを感じます。

変態プレイに最適のライブチャットは…

 変態プレイがしやすい雰囲気なのがDXLIVEで、それ以外は自由で寛容な空気のチャットサイトはありません。私がDX専門なのは女の子がのびのびとパフォーマンスしている自由な空気が気に入っているからです。ちなみに変態プレイが目的のときは原則として待ち合わせ&完全2ショットで行います。

変態OKなチャットレディはどこにいるか

その道のプロがチャトレの中に混じっている。

 ライブチャットの女の子のプロフィールを見ると、表向きは「商売っ気があまりない素人」という立ち位置が一般的です。しかしながら本当はお水とか風俗出身や現役の子がかなりいるのです。多くは会社員とかフリーターや主婦という肩書で参加している人がほとんどです。チャットと風俗店の掛け持ちで稼ぐ女性もいるわけですね。
 男性も女性の身元について深く突っ込んで聞きませんし、聞いたところで本当のことは教えませんよね。ハードコアな風俗店で働いているチャットレディであれば、NGでない限り希望する変態プレイをやってくれる可能性は高いです。

本物の変態パフォーマーが見つけにくい理由

 例えば「女王様プレイが得意」などとプロフィールに書けば、普通の男性から引かれてしまうからです。できるだけ万人の好みに合わせたほうがたくさんお客も付くだろうと考えているわけですね。女王様&M男プレイなんてマイナーすぎて売れないだろうと女性側が思い込んでいるわけです。

普通のチャトレは女王様プレイを知らない。

 気に入った女の子に「女王様になってください。」と頼むと、一応やってくれますが実戦での反応はいまいちです。具体的にどうリアクションすればいいのかわからないんですね。そうなると仕込むしかありません。仕込むには資質の見極めが重要です。サド気質の女の子がオラオラやると臨場感が出ますけれど、M専の女の子にやらせるのは時間の無駄です。
 結局は資質のある女の子を探して仕込むよりも、「満足できる女の子を探したほうが早い」ことに気が付かれることでしょう。

性癖に対応してくれる女性を探す方法

プロフィールに募集情報を書く

 女性のプロフィールを片っ端から読んでそれらしい女性にメールを出すのもいいのですが、それだと時間がたくさん掛かる割には満足できる確率が低いことでしょう。そこで自分のプロフィールに「○○やってくれる人を探しています」と書いておくといいでしょう。それらしきメールがそれなりに届くことでしょう。ハードコアな性癖であればあるほど、女性も覚悟の上でメールしてきます。だから目的にかなった女性に出会いやすいです。
 プロフィールには「こんなふうにやってみたい」というエロビデオを例にして、その題名若しくはURLを書きだすといいですよ。例えばこんな感じで・・・

僕はM男です。女性から屈辱的に扱かれて射精させられるのが好きです。近親相姦プレイで妹にオシッコかけられたり罵倒されてみたいです。

下記のビデオみたいなイメージでやってくれる人はいませんか?
※2ショット希望。
https://duga.jp/ppv/freedom-0490/

アカウントを複数持つと良い

 上記の方法はデメリットがあります。一度それをやってしまうと、ノーマルな女性から忌避される恐れがあるんですね。チャトレさんたちはユーザーのプロフィールを読んでいる人が、けっこう多いですから…。「スカトロをやってくれる女性を求む」なんて1回でも書くと、2ショットに応じてくれなくなりますよ。
 なので変態プレイ用にアカウントを別に作っておけばいいですよ。女の子にバレる心配はありません。ノーマル用とアブノーマル用…場合によってはフェチごとにアカウントがあれば、たいへん便利です。
※アカウントはIDがまったくの別物を作るということ。まったく別のマイページがもう一つ出来上がることになります。女の子側から見ると完全に別人と認識されます。
⇒単にユーザーネーム(スクリーンネーム)を追加することとは根本的に異なります。

 

実際にエロチャットをして探りを入れる。

 別アカウントを取ったらプロフィールを変態仕様に編集します。その上で好きな女性に探りを入れてみましょう。難しいことは特にありません。入室して仲良くなればOKで、覗きをするだけでも効果があります。自分のプロフィールに「やってみたい内容」が書いてあるわけです。なので自然にそういう流れになるかもしれませんし、女の子の側から後日何かのリアクションがあるかもしれません。アカウントを作っただけでただ待つよりも実現しやすいですよ。

トップへ戻る